損失を回復できます

-

-

普通のビギナー向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「損をした時にはナンピン買いをしてポジションの価格を低くする」等と書かれているが正直に言うとここにはかなりの危険が待っています。ハーブガーデンシャンプー

ナンピン買いのロジックに関して分かりやすく述べます。mesa de reunião para escritório

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

$買いのためドル高になるほど儲けが出るわけですが運悪く1ドル95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。

その場合持ち続けたとしたら利益がでるためには、マイナス分円安ドル高に向わなければなりません。

誰でも、赤字は出来るだけ早く0にしたいと考えるでしょう。

この状況を変えるため最初に買ったのと同額のドルを、1ドル95円で売買します。

それで、平均の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。

2円50銭の幅でドル高が進行すれば、損失を回復できます。

これが、ナンピン買いの仕組みです。

こういうふうに、ナンピンのやり方をみると、「もっともだ」と考えるが市場はそう簡単には上手くはいきません。

元々、1ドル95円が下値だということなど誰一人として分かるはずがありません。

仮に、マーケットがかなりの円高ドル安の流れだったら、1ドル=95円ではとどまらず、一段のドル安にいくリスクはあります。

例として、97円50銭でナンピンをするとしても1ドル=95円まで円高に向ったらナンピン買いをしたポジションも赤字が生じます。

こういう状況では最初に注文したドルと同時に、より大きな差損が生まれます。

この通り、ナンピン買いはややこしいです。

それなら、市場が自らの台本とは逆にさっと向う場合どの術で危険の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

そういう時には取れる手段は2つあります。

最初のひとつは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつの選択肢としては現在、自分自身が所持しているポジションを小さくする事によって為替が回復するのをひたすら待機する事です。

かなり大人しい方法だと言う投資家もいるkもしれません。

けれども、自分のポジションにマイナスが生じた時一番妥当な手法はそれ以外にはありえません。

言うまでも無く、ロジックとしてはナンピンをしてみる考え方も有効です。

しかしながらナンピンは自分自身が損失を出しているのにポジションを縮小するどころか、逆に買いポジションを増やしていく方法です。

これでは、リスクを回避することなどやりようがない察するべきです。

ナンピンを続ければいずれは損失が回復するかもしれません。

だけど、その前に資金がマイナスになってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.trentforcongress.com All Rights Reserved.