www.trentforcongress.com

-

-

車を売る時や、また車の売買の際も印鑑証明というものが必要になってきます。それではこの印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印として効力を持つことを証明する目的の書類です。これがない場合には、その印鑑が実印として認められているという事実が証明できません。大金が動く取引になる車の売却のため、実印が必要になりますが、その時にこの印鑑証明も登場します。印鑑証明書を交付してもらうためには、あらかじめ印鑑証明する必要があります。登録するはんこは普通、実印といい、同じものが二つとないはんこでなくてはなりません。実印を手配して近所の市役所などの担当部署に行くことで、すぐに印鑑登録できます。手続きが済むと、印鑑登録カードなるものがもらえて印鑑登録手続きをしたはんこは実印になったということになります。印鑑証明を発行してもらうには、役場の窓口へ出向き、専用の用紙に必要事項を記載して印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。さらに、自動交付機で発行することができます。印鑑証明には有効期限などはありません。ですので、いつの印鑑証明であっても証明書としての効力は続くことになります。ただ、中古車買取の際は必須条件として現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。普通は期限を定める必要はないのですが買い取りの時は、買い取り先の業者が必須となる有効期限を設定していますので、中古車買取を考えているなら、買い取り前に準備しておく必要があります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.trentforcongress.com All Rights Reserved.