www.trentforcongress.com

-

-

様々あるお金の借入れの審査基準の視点から検証してみると、その審査基準も様々であるということが考えられます。一口にお金の借入れと呼んでも、金融機関系のものであったり大手のカード会社のものであったり、さらに独立系のものなどもあり多様です。それらをチェックした時、間違いなく、審査が甘い会社、その逆の厳しい会社に、はっきり分かれていきます。まず初めに、合わせてお金を借り入れる会社は、三社というのがめどになります。キャッシングをしている会社が多くて三社以内で、キャッシングをしている金額が収入の三分の一以下であれば、金融機関系でも手続きに通る確率は高いはずです。銀行系はたいてい借りたお金に対しての金利が少なめに設けられていますので、ご利用するなら金融機関系がお勧めです。融資を受ける件数が仮に4件を上回っている場合、銀行系は難しくなるといえます。しかし、2006年に新しくできた貸金業規制法や出資法等の法改正により、利子が下がり、金融機関系では審査がパスしずらい傾向にあるようです。金融機関もで、さらに審査基準に関しては通りづらくなると思います。手続きの簡単な会社と評判の会社でも、安易に審査依頼するればよいことでもないはずです。仮に、前にその会社について情報を調査せずに申し込み、審査をクリアしなかった際は、その審査情報は個人信用情報機関に保管されます。信用情報機関に記録される時間は3ヶ月〜6ヶ月なのです。その時間、個人信用情報機関の個人情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといって直に借りられないことでもありませんが、その情報を参考にする会社の審査基準には、明らかに、なんかしらの影響があります。比較的甘いといわれている審査を持つ業者でも、そのことによりキャッシングできなくなることもある可能性がでてきます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.trentforcongress.com All Rights Reserved.